スマートフォンアプリ会員様募集中!

  • 近商楽ねっと便
  • 宅配サービスについて 大阪地区 奈良地区 京都地区
  • カタログギフト






レシピ詳細
いわしとの相性抜群食材でご飯がすすむ!
いわしの梅じそ天ぷら
いわしの梅じそ天ぷら



小麦、大豆、卵
4人分
 
いわし(開いたもの・小)
8尾
大葉
8枚
調味練り梅(チューブ)
適量
天ぷら粉(市販)
1/2カップ
冷水
1/2カップ
揚げ油
適量
塩、天つゆ、レモン(お好みで)
各適量
ポイント
【天ぷらのコツ】
家庭で天ぷらを上手く揚げるには、いくつかのポイントが大切です。
・家庭では市販の天ぷら粉を使った方が便利!
・衣の温度は上げない!必ず冷水を使うこと。粉も冷やしておくと良い。
・油の温度を保つ!揚げ油の量は多めにし、一度に材料を入れ過ぎないこと。温度は中温(170℃〜180℃)がベスト。野菜、魚介類の順で揚げること。
・必ず揚げ網にとる!箸で取り出したら、軽く2度ほどふって油をよくきってから揚げ網に立てかけるようにして並べていく。この時、天ぷら同士が重ならないようにする。
1.いわしは縦半分に切り、尾と背びれの硬い部分を切り落とす。
2.大葉はよく洗って丁寧に水気を拭き取る。いわしの半身を皮の面を下にして置き、練り梅を適量のせる。もう1枚のいわしの半身をかぶせるようにして1組にする。この要領で8組作り、それぞれ大葉で包む。
3.天ぷら粉をボウルに入れ、冷水を加えて菜箸でざっと混ぜ合わせる。2のいわしをくぐらせ、中温に熱した揚げ油で1〜2分カラリと揚げる。
4.ペーパータオルを敷いた揚げバットなどに、揚がった順から立てかけるようにして並べ、油をよくきる。器に盛り付け、お好みでレモンを添え、塩や天つゆに付ける(梅味と大葉の風味で何も付けなくても十分に美味しいです)。
一覧に戻る